カラミざかり 最終回

カラミざかり最終回はどうなった?カラミざかり3の感想──NTR属性を撃ち抜く結末

カラミざかり最終回感想

カラミざかり、ついに最終回!NTR属性を撃ち抜く結末!

「カラミざかり3」(桂あいり)を紹介します!

 

前作「カラミざかり2」の続編にしてシリーズ最終回、2と同じく、155ページの大作となっています。

 

主人公(高成)とヒロイン(飯田さん)の関係はどうなるのか、基本不憫な主人公がNTR感を感じたままボロボロに終わってしまうのか、と思っていたのですが、そう来たかーー!

 

賛否あるとは思いますし、私もモヤッとする部分はありますが、でもある意味スッキリ、そしてなんだかエモさもある、良い結末だったと思っています。

 

主人公くん、憐れんでいてごめんよ、私が思っていたより君はホンモノだったわ……!

 

こうなると一番望みが叶わずかわいそうだったのはギャル系JKの新山さんだったかもしれない。

 

 

……えー、肝心な部分のネタバレは伏せるようにしますが、どうしても2の展開が伺えてしまうところはあると思いますので、できれば2まで読んだ状態で見ていただけたらと思います。

 

1作め、2作目のレビューはこちらから↓↓

 

カラミざかりの見どころ紹介!多感な男女4人のカラミ合うココロとカラダ

 

カラミざかり2の見どころ紹介!憧れのコが他の男に開発され…

 

 

カラミざかり3、ネタバレも

2まで読んだら読まずにはいられない

 

 

 

 

冒頭から怒涛の48ページ3Pエロシーン!

まずエロシーンや実用性情報から。

 

冒頭、2ページ目から49ページくらいまで、怒涛の3P(男1、女2)シーンが続きます!

 

快楽に溺れるヒロインたちの表情がエロく、描写濃厚で実用性の高いパートです。

 

怒涛の48ページ3P

 

ただ逆に言うと、エロという部分ではこの前半シーンが最も見どころとなります。

 

以降もシチュ的にはかなり興奮するシーンがあるのですが、ストーリーやキャラ描写を深める部分が強く、エロとしては細切れ描写が多く省略されてしまっていたりして、実用という意味ではちょっと惜しい…と思いました。

 

 

エロシーンとしては、飯田さんが3人のDQNにヤラれたり、親友くんが野球部の先輩女子マネを堕としたり(ここもっと描写してほしかった!)

 

飯田さんがおしり開発されてお漏らししたり(ここはけっこう好き)、男2人に二穴同時挿入されたり(ここももっと描写してほしかった!)

 

主人公と新山さんが漫喫でいたしたり……etcetc.

 

 

エロシーンは入るのですが、後半はストーリー重視かな、という印象は否めません。

 

ただ、前半3P だけでもボリュームとしてはかなりあり、他のシーンも妄想を掻き立てるので、不満なほどエロボリュームが少ないわけではないんですけどね。

 

ストーリーは深みのあるNTR属性もの

やはり最終回ということで、結末が気になって手に取る方が多いと思います。

 

ここでネタバレはしませんが、1、2の伏線がつながり、主人公のここまでの行動や、今ひとつ心情の掴めなかった飯田さんのキャラについても「ああ、なるほど、やはりそうなんだね」と納得できる展開でした。

 

主人公が飯田さんと結ばれるのか、NTR感を感じたまま打ちひしがれて終わるのか……と思っていたのですが、そんな単純な話ではなかった!

 

うーん、この結末はやはり読んで味わっていただきたいですね。

 

NTRモノ、ともいい難いのですが、NTR属性の方に刺さる作品だと思います。

 

 

なかなか他にない読後感で、NTRの新境地を感じさせてくれました!

 

 

 

 

NTR作品のの新境地!

 

1作め、2作目のレビューはこちらから↓↓

 

カラミざかりの見どころ紹介!多感な男女4人のカラミ合うココロとカラダ

 

カラミざかり2の見どころ紹介!憧れのコが他の男に開発され…


桂あいりさんの作品