となりのあやねさんの感想

となりのあやねさんの感想と魅力紹介。飄々と普段着エロスなむっちりヒロインが可愛すぎる

となりのあやねさん

飄々とした隣の巨乳お姉さんに誘惑されて……

「となりのあやねさん」(サークル「はらヘリ堂/ヘリを」さん)を紹介します!

 

アパートの隣に住む、無防備にラフな格好でちょっとからかってくる巨乳お姉さん。

 

ある日彼女の部屋に招かれると、暑くなってきたと上着を脱ぎだし、あっけらかんとセックスに誘ってきて……

 

という、夢のある設定 笑

 

となりのあやねさんは服を脱ぎだし…

ゆさっとしたおっぱいを見せて挑発

 

「こんなことあったらいいな」なシチュエーションに、生活感のあるねっとりとした、リアルなセックス描写が加わって、没入感のある作品となっています!

 

そしてこの漫画の魅力はなんと言ってもヒロイン・文音さんのかわいらしさでしょう。

 

普段はパーカーとショートパンツ、ちょっと寝グセもある自堕落な感じのお姉さん。胸が大きく、肉感的なむっちりとした体をしています。

 

パーカーとショートパンツでコンビニに行く文音さん

 

「アタシは見られて困るものないですけど?」

 

小説家だという文音さんはちょっとオタクっぽい、サバサバとした感じのキャラクターですが、ねっとりとしたエロさも醸し出していて、「1回しときましょうか」的な軽いノリでセックスに誘ってきます。

 

痴女系といえば痴女系なんですが、誰でも構わないわけではなく、あくまで主人公くんをちょっといいなと思って誘ってきます。

 

貞操観念的に、セックスするならお付き合いしてちゃんとする、ではなく、気に入ったから一度しときましょうかっていう感じの。

 

丁寧にフェラしてくれる眼鏡っ娘お姉さん

 

飄々と主導権を握る文音さんですが、名前を呼ばれながら突かれるとゾクゾクしてしまう可愛らしさもあって最高。

 

名前を呼ばれながらされると可愛くなっちゃう

 

 

この文音さんのキャラがすべてと言ってもいい作品ですので、サンプルなどを見てみて文音さんが好みに合いそうだと感じたら読んで間違いないと思います。

 

あ、ただ一応言っておきますと、何となく分かると思いますが……文音さんはビッチではないですが、男性経験はそれなりにあるような描かれ方をしていますので、処女じゃないと萌えないという方はご注意を。

 

\飄々としたお隣さんに誘惑されて…/

 

\ボイス付きもアリのDLsiteはこちら

 

ねっとりリアルな描写で没入しちゃう

セックス描写もアクロバティックなものではなく、ねっとりと丁寧に現実味のある描き方をしていて、汗の描写なども相まってなんとも言えぬリアル感、没入感があります。

 

ねっとりセックス描写がエロい

 

エロエロなことをしながら最後まで丁寧語同士な距離感も、イケナイコトしている感があってエロい!

 

セックス中も最後まで眼鏡は外さないとか、胸や右足の腿の付け根にほくろがあるところとか、作者さんのこだわりを感じて良いですね!

 

断面図描写も少しアリ。墨消しがやや多めかなという印象はあります。

 

となりのあやねさんのあらすじ

主人公は狭いアパートに一人暮らしをしている若いサラリーマン。

 

アパートの隣には、時々会うとからかってくるちょっとラフな感じの眼鏡っ娘巨乳お姉さん、文音さんが住んでいます。

 

かわいいけど、軽いノリで飄々と絡んでくるので、主人公くんはちょっと苦手にしています。

 

軽いノリで飄々と絡んでくる隣のお姉さん

 

ある日職場に家の鍵を忘れてしまった主人公が玄関の前で途方に暮れていると、となりのあやねさんが一旦自分の部屋に避難したらと提案してきます。

 

自宅の鍵を忘れて途方に暮れていると

ウチに来たらいいんじゃない?

隣のお姉さんに煽られて…

 

ちょっと躊躇しながら、文音さんのゴチャっとした部屋にお邪魔した主人公くん。

 

文音さんは暑くなってきたとパーカーを脱ぎ出し、薄着になって巨乳の谷間を見せつけてきます。

 

服の谷間を見せつけられ

 

実は最初から主人公を誘う気満々だった文音さん。

 

そんな誘惑をされたらもう、主人公くんは……

 

エアコンの止まった狭い部屋で、「お隣さん」同士のご近所付き合いが始まる……!

 

服の谷間を見せつけられ

 

\おクチでゴム着けしてくれるお姉さんはお好き?/

 

\ボイス付きもアリのDLsiteはこちら/

 

となりのあやねさん続編も登場

こうして一度関係を持った二人ですが、一度きりで済むはずもなく……

 

度々関係を持つようになった後日談を描いた続編も発表されています。

 

関係が一度で終わるはずもなく…

文音さんを責めてイかせる!

 

こちらもまた文音さんの新たなかわいらしさが出ていてたまりません。

 

→続編のレビューはこちら

 

\続編「いたずら自撮りとお仕置きえっち編」/

となりのあやねさん いたずら自撮りとお仕置きえっち編